学校の様子

令和2年度

ホッケ(今日の給食)

《10月23日の献立》

ごはん 牛乳 ホッケ一夜干し

ほうれん草のおひたし 野菜の含め煮 798㎉

《ひとことメモ・・・ホッケ》

ホッケの体は細長いレモンのような形をしています。

体の色が変化する魚で、稚魚期から若魚期にかけては青色、成魚期には背の部分が茶褐色から黄褐色のまだら模様になります。

また、成長によって呼び方も変わり、アオボッケ、ロウソクボッケ、ハルボッケ、ネボッケとなります。

ホッケといえば、開きを焼いて食べることが多いですが、煮付けやフライ、つみれ汁などにも調理されます。

今日は、定番の一夜干しです。骨に注意して食べてください。

 

南那須地区中学校駅伝競走大会(男子35回・女子29回)

本日(22日)、さくら市さくらスタジアムで地区駅伝競走大会が開催(今年度行われた唯一の大会)されました。

結果は、男女共に優勝(11年ぶりの快挙)【男子:(4年連続地区優勝)】することができ、県カンセキスタジアムで開催(11月7日:土)される県大会出場を果たしました。また、各区間の記録では、男女合わせて6区間で区間賞(11区間)をだすことができ大健闘でした。

練習時間が確保できない中、大会に向け日々の苦しい練習に向き合い、努力を積み重ねた駅伝部生徒全員の頑張り・粘りは大変素晴らしいものがありました。

 

駅伝部活動をとおして得た・学んだこと等は、今後の学校生活に生かすことを大いに期待しています。

保護者の皆様には練習や大会に向けてのご支援・ご協力等をいただいたことに改めて感謝いたします。ありがとうございました。

 

教育実習生(研究授業)

教育実習を行っているT先生が、「社会科の研究授業」を2年1組で行いました。

教材研究をしっかり行い、授業に臨んでいました。

複数のペリーの肖像画を用意し、生徒に興味関心をもたせなから授業を進めていました。

グループ活動では、各自の考えを出し合い学び合う姿勢が見られました。

まとめでは、「ペリーの来航により、日本がどのように変化したか」を各グループの発表内容をもとにまとめていました。

生徒の真剣の眼差しが印象に残りました。

T先生、すばらしい授業ありがとうございました。

シチュー(今日の給食)

《10月22日の献立》

セルフツナパン(食パン・ツナマヨ) 牛乳 

ブラウンシチュー 黄桃缶 803㎉

《ひとことメモ・・・シチュー》

シチューは、洋風の煮込料理で、牛、豚、鶏、羊などの肉を角切りにし、野菜とともにバターでいためてから、ブイヨンやソースでゆっくり煮込んで作ります。

フランス料理では、調理方法や鍋の種類により呼び名がかわりますが、日本では、ホワイトシチューとブラウンシチューの大きく二つに分けられています。ホワイトは、小麦粉や牛乳、生クリームをベースに作り、ブラウンは、赤ワインやトマトをベースに作ります。

今日は、鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーを入れたブラウンシチューにしました。

学力向上に向けた取り組み

本日、5校時目に研究授業(2年理科)を行いました。馬頭中学校は、町教育委員会・県教育委員会(学力向上推進室)と連携を図りながら学力向上に向けた取り組みを行っています。

研究授業の様子を紹介します。

本時の授業の目標は「陸上で生活する哺乳類の足形から、どの動物のものかを根拠をもって判断し、歩行様式や生活の様子を関連付けて考えることができる」です。

各グループとも「まなボード」を活用し、課題に対して根拠をもとに考えをまとめていました。

動物(キリン)等の歩行を映像で確認しています。

各グループの考え(様々な視点)を全体で共有しています。

 今後とも、馬頭中学校では、町・県教育委員会(本日は3名の先生方にご支援・協力をいただきました)と連携を図りながら学力向上に向けた取り組みを組織・継続的に取り組んでいきます。

 

にら(今日の給食)

《10月21日の献立》

麦ごはん 牛乳 和風ソースハンバーグ

にらともやしの和え物 じゃがいもの味噌汁 831㎉

《ひとことメモ・・・にら》

にらは、一年中出回っている緑黄色野菜です。カロテンやビタミンB1、B2、Cのほか、カリウム、カルシウム、リン、鉄など多くのミネラルを含んでいます。

にらの独特なにおいは、玉ねぎやニンニクと同じ辛み成分の硫化アリルによるもので、疲労回復に効果的です。

細長くまっすぐに伸びた葉は、加熱すると柔らかくなり、和食では汁物やおひたし、薬味などに用いられています。中華料理、韓国料理にもよく用いられる食材です。

今日は、那珂川町産のにらを使って、ナムル風の和え物にしました。

教育相談

10月13日(火)~27日(火)の期間内(9日間)の放課後等に全生徒を対象に「第1回定期教育相談」を実施しています。

生徒の「心のアンケート」をもとに、生活、学習、進路、友人関係、部活動等について、担任との相談する時間を設けています。

馬頭中学校では、生徒一人一人と向き合う時間を大切にしています。

 

 

花野菜(今日の給食)

 

《10月20日の献立》

ミルクパン 牛乳 ほうれん草オムレツ

花野菜サラダ ナポリタン 792㎉

《ひとことメモ・・・はなやさい》

カリフラワーやブロッコリーは、花野菜と呼ばれています。モコモコとした部分が花のように見えますが、これは蕾のかたまりです。どちらもキャベツの仲間です。

日本では、カリフラワーの方が早く、明治のはじめ頃にアメリカから入ってきました。カリフラワーは、色が白いほど好まれるので、蕾を陽に当てないように、葉で覆って育てます。熱に強いビタミンCを多く含んでいます。ブロッコリーは、ビタミンCのほか、カロテンや鉄分も多く含んでいます。

 今日は、花野菜のサラダです。色どりにコーンを入れました。

 

10代の声

10月18日の下野新聞読者登壇「10代の声」のコーナーに、本校3年OMさんの文章が掲載されましたので紹介します。

ベルマーク運動

今年度から、馬頭中学校では、総合文化・地域貢献部を中心に「ベルマーク運動」を行っています。

この活動の目的は、災害等の被災地の支援を行うことです。全校生で取り組むとともに、保護者・地域の皆様にもご協力をいただいています。

「かましん馬頭店」さんに、「ベルマーク回収箱」を設置させていただきました。町内外の皆様から、多くのベルマークのご協力をいただきました。ありがとうございます。

今後ともご協力よろしくお願いいたします。

ワンタン(今日の給食)

《10月19日の献立》

ごはん 牛乳 きびなごフライ

豚キムチ炒め ワンタンスープ 772㎉

 《ひとことメモ・・・ワンタン》

ワンタンは、中国南部の有名な点心のひとつです。点心とは、中華料理の軽食のことをさしています。ワンタンを正式には「フントゥン」と言い、日本のうどんの原型とも言われています。

ワンタンの皮は、小麦粉に水、塩を加えてしっかりこね、ごく薄く伸ばして四角に切って作ります。この皮で、細かく刻んだ肉や魚介類、野菜などで作った具を少し入れ、包みます。スープに入れたり、揚げたりして食べられています。

 今日は、豚肉入りのワンタンをスープにしました。

生徒集会(松が峰タイム)

今日が初めて(今年度は感染症対策のため延期)の生徒集会「松が峰タイム」になります。

この活動は、学年の枠を超えた「学び合い・自分の考えを伝え合う活動等」をとおして、人間関係を深めたり、学級・学年・異年齢館のコミュニケーション能力を高めたりすることが目的です。

今回は、無言で「バースデーライン」を行い、その後活動をふり返っていました。

(代表委員の説明)

(活動のふり返り)

(全体での共有の時間)

地区バスケットボール交流会

9月下旬に開催する予定であった地区新人各種大会が、新型コロナウイルス感染症予防のため中止になったことを受け、本日(17日)に那須烏山市南那須中学校体育館を会場に「地区バスケットボール(女子)交流会」が開催されました。その様子を紹介します。

チーム一丸となった試合になりました。練習の成果を十分に発揮し、大きく成長した姿を見ることができました。

保護者の皆様、温かいご声援ありがとうございました。

 

第3回那珂川スクール

今日(17日:土)、那珂川町役場を会場に「第3回那珂川スクール」がありました。参加した生徒は、真剣な眼差しで学習に取り組んでいました。「社会」の授業(2クラス)を紹介します。

一つ一つの積み重ねが学力向上につながります。皆さんの頑張りを期待しています。

 

卒業アルバム

16日(金)に卒業アルバム等の写真撮影を行いました。緊張あり笑顔あり思い出にのこる写真が撮れました。

【職員の写真も撮影しました】

コーラスフェスティバルに向けて①

11月12日(木)に行う「コーラスフェスティバル」の仮の会場設営を2年生が行いました。その後の合唱の練習の様子を紹介します。

【本番に向け、各クラスとも一丸となって頑張ってください。期待しています。】

 

 

すき焼き(きょうの給食)

《10月16日の献立》

~地産地消元気アップ牛肉給食推進事業~

ごはん 牛乳 すき焼き風煮

ごぼうサラダ ミニレアチーズ(いちご) 809㎉

《ひとことメモ・・・すきやき》

すき焼きは、薄くスライスした肉やほかの食材をあさい鉄鍋で焼(や)いたり煮たりして調理する日本料理です。割下と呼ばれる しょうゆや砂糖、酒、みりんなどを合わせた調味料で味付けします。

すき焼きの作り方は地方によって違いがあります。使用する野菜も、モヤシを入れたり、ジャガイモを入れたりさまざまです。関東では、明治時代に流行した牛鍋がベースになっており、割下の中で肉や野菜などを煮て作ります。

今日は、県の地産地消元気アップ牛肉給食推進事業により県産和牛を無償で提供していただきました。

ジャム(今日の給食)

《10月15日の献立》

コッペパン とちおとめジャム 牛乳 

鶏肉香味焼き ビーンズサラダ 761㎉

かぼちゃのシチュー

 《ひとことメモ・・・ジャム》

ヨーロッパでは日本の漬物のように、昔から地域の風土にあったジャムが生まれ、長い歴史を誇っています。温暖な地中海から寒さの厳しい北欧まで、いろいろな気候の土地があり、多くの果物や野菜が栽培されています。果物はそのまま食べてもおいしいのですが、はちみつや砂糖で煮込むと風味がでて、別のおいしさが味わえ、日持ちもするようになります。ジャム加工は、一時的に大量に採れる果物を、おいしく保存する方法として発展してきました。

日本で初めて作られたジャムは、いちごジャムと言われています。今日は、県産のとちおとめで作ったいちごジャムです。