新着情報
ブログ

日誌

今日の給食(2月6日)

~初午献立~

ごはん 牛乳 ソースメンチカツ しもつかれ いも煮汁

 しもつかれは、節分をすぎた午の日に作る郷土料理です。鮭の頭、鬼おろしでおろした大根やにんじん、油揚げ、大豆、酒粕で作ります。地域によってさまざまな食べ方があり、温かくして食べたり、冷やして食べたりします。

 独特な味や香り、外見から好き嫌いが分かれますが、しもつかれは「7軒食べ歩くと病気にならない」と言われるほど、多くの栄養素が入っています。

 今日は、酒粕をひかえめにして食べやすく作った「しもつかれ」です。今まで食べたことがない人も、ぜひ食べてみてください。

立志式

 2年生が立志式を行いました。

 3年ぶりに保護者の皆様が参列しての立志式となりました。生徒は一人一人、漢字一文字に込めた決意を立派に発表しました。

 式の後は、記念行事として「ポーセリンアート」を行いました。

 

今日の給食(2月3日)

~節分献立~

ごはん のりたまふりかけ 牛乳 いわしの梅煮 ひじきと厚揚げの煮物 小松菜の味噌汁

《ひとことメモ・・・せつぶん》

 今日は節分です。もともと節分とは、季節がかわる節目として立春、立夏、立秋、立冬の前の日のことをいいましたが、今は、立春の前日のみを節分というようになりました。

 節分の豆まきには、豆をまくことで、鬼に見立てた災いや病気などの邪気を追いはらい、福を呼び込むという意味があります。また、鬼を追いはらうおまじないとして、ひいらぎの枝に、焼いたいわしの頭を刺し、門口や家の軒下に飾ったりもします。

 今日の節分献立には、大豆といわしの他に、厚揚げ、豆腐、油揚げ、しょうゆ、みそなどの大豆の加工品も使いました。

立志式準備

 明日の立志式のために、1年生が会場の準備をしました。

 協力して椅子をきれいに並べたり、細かいところまで掃除をしたりと一生懸命準備してくれました。

 明日はきっといい立志式になることでしょう。

今日の給食(2月2日)

セルフチーズバーガー(丸パン・照り焼きチキンパティ・スライスチーズ) 牛乳

フルーツゼリー和え ニョッキと野菜のスープ

《ひとことメモ・・・みかんのかんづめ》

 みかんの缶詰めは、日本生まれのものです。最初は、皮がついたままのみかんの缶詰だったそうです。その後、外側の皮はむき、薄皮はついた丸みかん缶が登場しましたが、薄皮の繊維が溶け出し、渋みがあり、人気が出なかったそうです。薄皮をなんとかしたいと、薄皮を一気にはがす技術が発明され渋みがなくおいしいみかんの缶詰ができるようになりました。

 この技術は、現在みかんの缶詰を製造するさまざまな国で採用されています。

 今日は、みかんなどのくだものと、とちおとめゼリーを和えたデザートにしました。

今日の給食(1月31日)

ゆでスパゲティ ミートソース 牛乳 花野菜サラダ 県産生乳ヨーグルト

《ひとことメモ・・・ブロッコリーとカリフラワー》

 ブロッコリーとカリフラワーは、どちらもキャベツと同じ アブラナ科の野菜です。野生キャベツの花蕾が肥大したものがブロッコリーとなり、ブロッコリーが突然変異したのち、品種改良されて出来たのがカリフラワーと言われています。 日本に渡ってきたのは明治初期で、カリフラワーの方が少し早く普及したようです。

 カリフラワーとブロッコリーのどちらにもビタミンCが多く含まれ、ブロッコリーには、カロテンや鉄分も多く含まれています。

 今日は、花野菜サラダにしました。

表彰

 今日は表彰を行いました。今回の表彰は、書写書道作品展と地区書初展です。

 代表者への賞状伝達でしたが、書写書道作品展準大賞を始め多くの生徒が入賞しました。

今日の給食(1月30日)

~全国学校給食週間・地産地消~

ごはん 牛乳 ホンモロコのから揚げ(のり塩) ごぼうサラダ 豚汁

【地産地消食材】

米 牛乳 ほんもろこ にんじん 豚肉 じゃがいも ねぎ 味噌

《ひとことメモ・・・ホンモロコ》

 ホンモロコは滋賀県の琵琶湖だけに生息する琵琶湖固有のコイの仲間です。コイ科の魚の中で もっともおいしいと言われています。

 那珂川町では特産品のひとつとしてホンモロコの養殖に取り組み、現在は町内の5か所で養殖されています。やわらかく骨ごと全部食べられるため、成長期に必要なカルシウムをとることができます。

 今日はホンモロコのほかにも、豚肉、にんじん、じゃがいも、ねぎなど、那珂川町産や栃木県産の食材を多く使った地産地消献立にしました。

身体計測

 定期の身体計測を行いました。

 昨年の4月に比べて身長が8㎝伸びた生徒もおり、皆、成長を実感していました。

今日の給食(1月27日)

~全国学校給食週間・地産地消~

ごはん 納豆 牛乳 肉じゃが ほうれん草のゆずかつお和え いちご(とちおとめ)

【地産地消食材】

米 牛乳 豚肉 じゃがいも にんじん いちご

《ひとことメモ・・・とちおとめ》

 とちおとめは、女峰の後継品種として、1996年に栃木県の農業試験場で生まれました。女峰の特性である形の良さや色の鮮やかさを受け継ぎながら、粒が大きく、甘味が強い、果汁たっぷりのいちごができました。

 冬の日照時間が長く、肥沃な土とおいしい水に恵まれた栃木県は、いちご栽培に適しています。毎年11月中旬から5月の初旬までいちごの収穫ができます。

 今年もJAの食育応援事業として学校給食に那珂川町で栽培された「とちおとめ」を贈呈していただきました。旬のいちごを味わってください。